イメージ
  1. HOME
  2. 四川飯店の歴史

HISTORY 四川飯店の歴史

「さすらいの料理人 陳建民」

中国四川省は「三国志」で有名な“蜀”の国。

中国大陸西部の奥地で長江の上流に位置し、昔から「天府の国」と云われている(神から与えられた恵まれた土地)。
このようなところで陳建民は生まれ育った。10歳の時に初めて宜賓の「海清園」というソバ専門店に努めて以来、料理の世界で生きていくことになる。

料理を学び作りながら雲南省、重慶、武漢、南京、上海、そして遂に大陸を離れ台湾、香港を経て、1952年(昭和27年)に来日。
その後、洋子ママと結婚し、各地をさすらってきた建民は洋子ママにより、日本の地に根をはり四川料理を広めていくことになる。

陳建民の蔭には妻(夫人)の洋子ママの存在がとても大きい。本人はママを「神様がくれた宝もの」と呼ぶ。ときには通訳、ときにはマネージャーとして常に寄り添い、二人三脚で現在の四川飯店の礎を築いた。

中国四川省 イメージ 建民のさすらい行程 イメージ

・建民のさすらい行程

四川飯店の誕生

1958年(昭和33年)秋に東京・田村町(現在の西新橋)に最初の四川飯店をオープン(現在閉店)。続いて、1960年(昭和35年)には六本木に2番目の店をオープン。
その後、1970年に赤坂四川飯店をオープン、全国各地に店舗を展開し、「料理は愛情。愛情のない料理はダメよ」をモットーに、多くの後継者を育て、四川料理を広めていった。
また、1966年(昭和41年9月)には恵比寿に料理学校を創立。建民が亡くなり閉校するまでの24年間で延べ15,000人以上の卒業生をだした(現在は閉校)。

1952年来日直後の建民 イメージ

・1952年来日直後の建民(左)と
黄昌泉氏(右)

建民と洋子ママ イメージ

・建民と洋子ママ

昭和62年現代の名工表彰直後の建民 イメージ

・昭和62年現代の名工表彰直後の建民(右端)

建民川菜三十式 イメージ

・建民川菜三十式

建民と建一 イメージ

・建民と建一

こうした陳建民の人生から生まれ、今も四川飯店の味を守り伝えているのが、三十の調理技法(建民川菜三十式)である。

その後を継ぎ現在は陳建一が二代目オーナーシェフとして、フジテレビ「料理の鉄人」やNHK 「きょうの料理」等々のテレビ出演を通して四川料理を更に広める事になった。
現在、全国に四川飯店・スーツァンレストラン陳・陳建一麻婆豆腐店など14店舗を数える。

この頃では陳建一の長男 陳建太郎が現場に立ち祖父 建民、父 建一のあと三代目を継ぐべく日々研鑽中であり、歴史を重ねていく事は勿論だがその上で今以上にお客様に四川料理を楽しんで頂けるよう伝統的古典料理はしっかりと継承し且つ新しい四川料理を取り入れながら初代、二代目の心を継いでいるところである。

鈴木料理長と陳建太郎

ページトップへ戻る