イメージ
  1. HOME
  2. 店舗案内
  3. オーナーご挨拶

MESSAGES オーナーご挨拶

料理はに人間を育むもの

この度は赤坂 四川飯店Webサイトへご訪問ありがとうございます。
僕達が日々ご提供している四川料理は、北京、広東、上海とならび中国四大料理と称されており、肥沃な土地で育てられた豊富な食材を使い、唐辛子の辛さや山椒のしびれるような刺激、酸味や香味など、様々な調味料や香辛料で深みのある味わいに仕上げてあるのが特徴です。
現在四川飯店グループにある料理は、故父 陳 建民の魂です。父の時代の料理もそのまま残っておりますが、新たに取り入れた料理もたくさんあります。料理の原点は一生懸命作るということ、食べて頂く相手の為に心をこめて作るということ、お客様がおいしいと言ってくれる事が僕達にとって一番の励みです。スタッフ一同、一生懸命ご提供してまいります。
さらに料理は人間を育むもの。それを提供していくのが四川飯店グループであり、スタッフ一人一人です。本場四川料理の美味しさを大切に、細やかな心配り、笑顔を添えて、お届けいたします。
最後になりましたが、私達四川飯店グループはこれからも日々精進し、努力してまいります。今までお支え頂きました皆様に感謝申し上げると共に、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

陳 建一 Kenichi Chen / 陳 建太郎 Kentaro Chen イメージ 陳 建一 Kenichi Chen / 陳 建太郎 Kentaro Chen
イメージ

プロフィール

陳 建一 Owner

陳 建一  イメージ

1956年(昭和31年)東京に生まれる。

初めて日本に四川料理を広めた、故陳 建民(四川料理の神様と呼ばれていた)の長男。

東京中華学校を経て、高校、大学と玉川学園で学ぶ。
卒業後、父親の経営する赤坂四川飯店にて修業を開始する。
1990年父の後を継ぎ赤坂四川飯店社長へ就任。
1993年「料理の鉄人」に中華の鉄人として、また「NHKきょうの料理」の講師として出演。他テレビ及び雑誌、料理学校の講師など幅広く活躍。
現在グループのオーナーシェフとして四川料理の普及や後進の育成に努める一方、講演やイベント、テレビの料理番組などで今も活躍中。
また多くの著作を出版し、主著に「鉄人陳建一の中華料理」「陳建一の毎日のおかず」「本音で作る僕の料理」「鉄鍋の掟」「父の仕事を継ぐ 自分の味をつくる」などがある。

陳 建太郎 Third Generation

陳 建太郎  イメージ

1979年(昭和54年)東京に生まれる。

玉川学園で学び、2002年 赤坂・四川飯店に入社し、渋谷にある「szechwan restaurant陳」にて修行を開始。

2005年から2年半に渡り四川大学へ留学すると同時に、四川省成都市にある「菜根香」でも修行し総料理長・曾 国華に師事。
帰国後は四川飯店グループで技術を学び、伝統の味に現代の食材を加えた料理を発表している。
現在は父・建一から赤坂・四川飯店の経営を継承する一方、料理教室やイベント、TV出演などでも活躍中。
趣味はゴルフと映画鑑賞。

  • 料理長のご紹介
  • 店舗のご案内
ページトップへ戻る